エッセイ

【謙虚たれ】ダニング=クルーガー効果とは【自惚れは悪】

「実るほど頭を垂れる稲穂かな」
皆さん謙虚に生きてますか?

なんて皆さんに聞く資格は私にないと思いますが、人間なかなか謙虚に生き続けるのは難しいものです。

ついつい人と比べて自分の優れている点を見てしまいがちですよね。でもたまには自分を客観的に見て反省すべき点は反省した方が良いかもしれません。

ダニング=クルーガー効果

なぜなら「能力が低い人ほど自分を過大評価しがち」という研究結果が出ているからです。

この傾向をダニング=クルーガー効果と呼びます。

外国の研究者が大学生の自己評価と成績の関連性を調査して、この傾向を発見しました。

ダニング=クルーガー効果は、コーネル大学のデイヴィッド・ダニングとジャスティン・クルーガーダニング氏が、大学において学生の成績と自己評価の関係を調べた実験に端を発します。

実験の結果、成績が悪い人ほど自分が全体の中で占める位置を過大評価していること、一方で成績優秀者は自分のレベルを控えめに評価していることを示しました。

彼らは「優越の錯覚を生み出す認知バイアスは、能力の高い人物の場合は外部(=他人)に対する過小評価に起因している、一方で能力の低い人物の場合は内部(=自身)に対する過大評価に起因している。」と述べています。

https://mitsucari.com/blog/dunning_kruger/

つまりダメな人は「良いことは俺の能力、ダメなことは誰かのせい」と考えているってことですね。

成績の良い人ほど逆の思考みたいなので、きちんとダメな点を内省して改善することができているのだと考えられます。

ダニング=クルーガー効果を回避するには

この傾向を回避するには自分を客観視する「メタ認知」が有効です。

上述の通り、成績優秀者は至らぬ点を補う努力ができています。
至らぬ点を補うにはメタ認知して自分を客観視するのがもっとも有効な手段なので、皆さんもダニング=クルーガー効果を回避するために意識してみてください。

メリット?

ここまでダニング=クルーガー効果のダメな点ばかり紹介してきましたが、なんと少しは良いこともあるようです。

それは「根拠のない自信」を持てることです。上述の通りダメな人は「良いことは俺の能力、ダメなことは誰かのせい」と考えているってことは、「もっと俺はできるはずだ」となぜか思い込んでいることになります。

これは自己肯定感や自己効力感を保ち、行動に対してよい結果が生じやすくなります。
だから初めてのことに挑戦したり、非常に困難なタスクにチャレンジしている時はむしろ良いかもしれないですね。

最後に

今日はダニング=クルーガー効果についてご紹介してきました。

大ピンチに陥った時や頑張りどころのタイミングではダニング=クルーガー効果を駆使して自己効力感を保ち、
普段は謙虚にメタ認知で自分を客観視しながら生活していきましょう,,,

\面白いと思ったら/

記事のシェア & Twitter のフォロー をお願いします!

@proglearn
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です