エッセイ

【仕事術】パレートの法則とは【組織管理も】

こんにちは
今日は仕事術や組織管理の考え方にもつながる「パレートの法則」についてご紹介します。

パレートの法則とは

イタリアの経済学者ヴィルフレド・パレートによって提唱された法則です。
経済において全体の数値の大部分は全体を構成するうちの一部の要素が生み出しているという理論であり、80:20の法則、ばらつきの法則とも呼ばれます。

当初は所得配分に対しての言及に用いられた法則でしたが、その後は経営や品質管理、マーケティングなどにも応用できるとされビジネス領域で広く使用されています。

パレートの法則は経済以外にもさまざまな事例に当てはめられるのですが、普遍的な要素の偏りを分かりやすく示した“経験則”のようなものと認識されています。

例えば以下の事例ようにパレートの法則は使われています。

・売上の8割は全顧客のうち2割が生み出している。
・売上の8割は全商品のうち2割で生み出している。
・売上の8割は全従業員のうち2割で生み出している。
・仕事の成果の8割は時間全体のうちの2割で生み出している。

パレートの法則の使い方

このパレートの法則に従えば、仕事で成果を出すために無闇に長時間労働するのは間違いだとわかります。

まずは自分が集中すべき2割を見極めてそこにフォーカスすることが大切です。

・タスク管理

パレートの法則を使えばタスク管理も簡単に行うことができます。
全てのタスクへ平等に力を注ぐのは無駄なので、重要な2割のタスクを選別して集中するようにしましょう

・新規事業

自分が狙っている市場全ての顧客をターゲットとするのは非効率的です。成果の8割を生み出す2割の顧客を見極め、そこにフォーカスすることで効率的に成果を出すことができます。

・組織管理

パレートの法則は組織管理にも応用可能です。
売上の8割を生み出しているのは2割の社員です。誰が売上に貢献しているか判断して彼らへのインセンティブを高めましょう。

実際にNetflixは経営が傾いた時にパフォーマンスの低い社員を解雇してエース社員のみを残した際に、驚くほど経営効率が上昇したそうです。

大切なのは”何が重要か見極める”こと

ここまで2割のことにフォーカスしましょうと説明してきました。しかし2割の重要なことは、それぞれの立場・状況によって異なります。

従って都度”いま重要なことは何か”を振り返ることが成果を出すために大切です。

\面白いと思ったら/

記事のシェア & Twitter のフォロー をお願いします!

@proglearn
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です