その他

Publicチャンネルに投稿できる Slackアプリを作成する!

みなさん、こんにちは。どんぶラッコです。

今日は Slackアプリを使ってパブリックチャンネルに投稿できるSlackアプリの権限設定の手順について記述します!

アプリを作成

https://api.slack.com/apps

アプリ名と どのワークスペースのアプリとして開発するかを選択し、 Create App を押します。

アプリの設定画面に遷移するので、次にこのアプリができることを選択します。

OAuth & Permissionsを選択します。

Scopesの中にある Add an OAuth Scope をクリックします。

今回はチャンネルに登録せずにチャンネルへのメッセージ投稿ができるようにしたいので、 chat:write.public を選択します。

すると、 chat:write も追加するよ、と言われるので Add Scope を選択肢ます。

ここまでできたら ワークスペースにアプリを追加し、期待通りの動作ができるか確認してみましょう。

ページ上部に戻り、 OAuth & Redirect URLs から Install to Workspace を選択します。

権限を確認し、Allowを押下します。

すると OAuth Token が発行されます。

このtokenを使って、送信ができるかテストしてみましょう。

#oauthtest というチャンネルに送信してみることにします。

アプリの設定を開きましょう。

メッセージを送信するには postMessage メソッドを使います。テストページから送信してみましょう。

https://api.slack.com/methods/chat.postMessage/test

tokenに先程発行したtokenを、channelに送信したいチャンネル名を入力します。

そして、 text に送信したいメッセージを入力した後、 TestMethod を実行します。

このようにメッセージが送信されていれば成功です!

以上、アプリの使い方でした。これをベースにシステムに組み込んでいけば良いですね!

ABOUT ME
どんぶラッコ
ECコンサルタント、システムエンジニアを経て、quintet株式会社CTOに就任。普段はNuxt.jsやLaravelを使用しています。

\面白いと思ったら/

記事のシェア & Twitter のフォロー をお願いします!

@proglearn
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です