エッセイ

【調べてみた】PoCってどうやるの??【知ったかぶりはダメ】

こんにちは、前回の記事で知ったかぶりをしてしまったPoCについて調べました。

なので今回は「どうやるの?」を調べていきます。

PoCの実施方法

PoCは以下の4ステップにわかれます。
1.目的・ゴール設定
2.具体的な実施内容決定
3.実証
4.結果評価

1.目的・ゴール設定

PoCを行う理由・目的(どんな効果やデータを求めているのか)を細かく決める必要があります。もしこれをきちんと決めずに始めてしまうと、PoCの軸がブレてしまうので無意味な検証となってしまうからです。

2.具体的な実施内容決定

具体的な目的・ゴールを決めたら、次に実施内容を決めましょう。ここでは検証方法などを具体的に決めていくことが重要となります。
PoCの目的がきちんと明確になっていれば、何が必要なのかわかってくるはずです。必要なデータ・指標などを得るために最低限必要なものを作りましょう。

ここで大切なことは現場目線です。ユーザーの声を聞かず机上の空論で作っても意味がないので、なるべく現場に近いユーザ目線のものを作るように意識しましょう。
ユーザ目線のものを作ることができれば、より効果的で具体的な結果を得ることができるでしょう。

3.実証

さあ、ここまでできたらやっと実証です!
用意したものを本物の現場で試してもらいましょう。小規模で実施する中でも、少しでも多くの対象者に利用してもらって評価を得ることで、高い客観性・精度の実証が可能となります。

4.結果評価

最後は実証によって得られたデータを基に結果を評価しましょう。

ここで大切なことは、客観的な視点です。
「今まで努力してきたんだから報われて欲しい。。。」と思ってしまうのは当然のことですが、私情が入ってしまうと結果が悪くても無理矢理良い結果にねじ曲げてしまう恐れがあります。

なのであくまでも客観的に実証から得られたデータのみを参考に実用性、リスク、経営者・投資家からの評価などを検証していきましょう。

ポジティブな結果が出ればプロジェクトは円滑に進むので良いですが、問題はネガティブな結果が出た時です。おそらくかなり落ち込むと思います。
でも検証して初めて分かった課題や問題が可視化されたと言うことなので、それを改善して次の検証をすれば良いだけです。
先に問題発覚したことで実用化までの時間はかかりますが、成功確率は上がったと考えればポジティブに捉えられるのではないでしょうか。

PoCを行うときのポイント

上述のステップでやっても以下のポイントを無視してしまうと有効な検証をすることができないので注意してください。

・小さく、スピーディに
・検証は同じ条件で
・失敗から学ぶ
・PoC自体を目的にしない

小さく、スピーディに

PoCを行う時はスモールスタートを意識しましょう。
なぜなら大規模で実施するとコストと時間ばかりかかってしまって、PoCのメリットのリスク低減ができなくなるからです。

なので目的範囲を小さく、小さな内容を少しずつ積み重ねていくことが大切です。

検証は同じ条件で

PoCをやるときは実際に導入を目指す環境と同じ条件で検証しましょう。同じ条件なら高精度のデータを取得できるので、その後の判断が楽になりますし、他部署や投資家への説得力も増します。

本番環境と同じ条件で検証をすることはPoCを有効に利用するためにとても大切なことと言えます。

失敗から学ぶ

PoCを行って課題や問題が出ても落ち込まないでください。良い方向に進むためのヒントを得られたと捉えましょう。
新たに見つかった課題や問題は検証して初めて分かったものなので、PoCを行っていなければそもそも発見することすらできませんでした。

それでも落ち込んでしまう人はエジソンの名言を思い出してください。

『失敗すればするほど、我々は成功に近づいている』
『失敗なんかしちゃいない。上手くいかない方法を700通り見つけただけだ』

https://news.1242.com/article/168061

大事なことはPoCによって発見された課題や問題が、なぜ発生したのか、どう改善すればうまくいくのかを考えることです。
失敗したからリスクを少なくできているので、失敗で得たデータも次に生かしていけば全く問題ありません。

PoC自体を目的にしない

PoCを連続して行うPoC自体が目的化してしまい、当初の目的・ゴールが薄れてしまうことがあります。そのため「PoCは手段であって目的ではない」という意識を常に持ち続けましょう。

目的は新製品・サービスの実現可能性判断であり、PoCを実施するのは手段でしかありません。

\面白いと思ったら/

記事のシェア & Twitter のフォロー をお願いします!

@proglearn
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です