AWS

自動応答メッセージを自作! Amazon Connect 入門 – インスタンス作成編

みなさん、こんにちは。どんぶラッコです。

みなさんは 電気やガスの問い合わせをすると、

「お電話ありがとうございます。●●です。」

「○○についてお問い合わせの場合は 1 を、××についてお問い合わせの場合は 2 を その他のお問い合わせの場合は # を押して下さい」

のようなアナウンスが流れること、ありますよね。

あれ、実は AWS のサービスを使うと作ることができちゃうんです!

その名も Amazon Connect

自動応答メッセージの配信はもちろん、応答内容の録音もできたり、別の電話への転送設定ができたり、非常に便利です。

何よりも便利なのが、GUIで操作ができる点。

Amazon Connect で メッセージを発信してみよう

Amazon Connectから新規インスタンスを作成

まずは AWS のマネジメントコンソールから サービス → “connect” と検索します。すると、Amazon Connect が表示されるのでクリックします。

次に、インスタンスを追加するを選択。

ステップ1: ID管理

Amazon Connect は AWS とは別サービス (Cloud9 とかと一緒ですね)になるので、IDをどうやって管理するのか、決定する必要があります。ここでは Amazon Connect内にユーザを保存します。

ステップ2: 管理者の作成

今回はテストなので これをスキップ を選択します。

ステップ3: テレフォニーオプション

着信・発信の機能を付与するかを選択できます。

今回はどちらもできるようにしておきましょう。

ステップ4: データストレージ

次のステップへを選択します。

ステップ5: レビューと作成

最後に自分が入力した情報の一覧が表示されます。情報を確認し、「インスタンスの作成」ボタンをクリックします。

これでインスタンスの作成が完了しました!

では、ここから自動応答のフローを作成していきましょう!次回の記事をお楽しみに〜

ABOUT ME
どんぶラッコ
ECコンサルタント、システムエンジニアを経て、quintet株式会社CTOに就任。普段はNuxt.jsやLaravelを使用しています。

\面白いと思ったら/

記事のシェア & Twitter のフォロー をお願いします!

@proglearn
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です