Python

pyenv-virtualenvを使って仮想環境を作成しよう!

みなさんこんにちは。どんぶラッコです。

前回は、pyenvを使って使っているpythonのバージョンを切り替える方法について解説しました。

次は、pythonの仮想環境を作って、切り替えられるようにしましょう!

名無しさん
名無しさん
なんで仮想環境を作る必要があるの?
どんぶラッコ
どんぶラッコ
それはインストール済みのライブラリを切り替えるためだよ

pyenv をお使いの皆様は、 pyenv-virtualenv を使うことで仮想環境の作成と切り替えを実施することができます。

まだ pyenv のインストールが終わっていない方は

pyenv-virtualenv自体は、pyenvの開発コミュニティが拡張プラグインとして提供しているものなので互換性は問題ありません。

ということで、早速使ってみましょう!

pyenv-virtualenvのセットアップ

gitから引っ張ってくるパターンと、homebrewを使うパターンの2種類があります。今回はgit経由でインストールする方法について解説します。

まずは git cloneコマンドでファイル一式を自分のPCに持ってきます。

git clone https://github.com/pyenv/pyenv-virtualenv.git $(pyenv root)/plugins/pyenv-virtualenv

次に、.bash_profile or .zshrc にファイルを追記します。自分がどちらのshellを使っているかは

echo $SHELL

コマンドで確認しましょう。

bashだった場合は、

echo 'eval "$(pyenv virtualenv-init -)"' >> ~/.bash_profile

zshだった場合は

echo 'eval "$(pyenv virtualenv-init -)"' >> ~/.zshrc

です。

あとはSHELLを再起動すれば完了です。

exec "$SHELL"

これでセットアップは完了!早速使ってみましょう

使い方

pyenvでpythonバージョンを切り替える方法については先ほどご紹介した記事を参照してください。

# 現在のバージョンを確認する
pyenv version
# インストール済みのバージョンを確認する
pyenv versions

# 新規仮想環境を作成する
# pyenv virtualenv [バージョン名] [仮想環境名]
pyenv virtualenv 3.8.3 example

# 仮想環境が作成されているかを確認する
pyenv virtualenvs

# 仮想環境を使う
# pyenv local [仮想環境名]
pyenv local example

# アンインストールする
pyenv uninstall example

みなさんもチャレンジしてみましょう!

ABOUT ME
どんぶラッコ
ECコンサルタント、システムエンジニア経験を経て、ProgLearnのシステム開発を担当。

\面白いと思ったら/

記事のシェア & Twitter のフォロー をお願いします!

@proglearn

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です