Python

pyenv で python のバージョンを管理する 【Mac の場合】

みなさん、こんにちは。どんぶラッコです。

今日は、 pyenvを使って、pythonのバージョン管理ができる環境を整備していきましょう。

pyenvの説明に “Simple Python Version Management” と書いてあるとおり、使用しているpythonのバージョンを切り替えることができるやつです。

関わるプロジェクトによってpythonのバージョンが異なったりしますよね。そんな時にpyenvでバージョンを切り替えることで対応したりします。

最初から設定しておいて損はないですよ!

ということで、早速設定してみましょう。

brewコマンドを使ってインストール

まずは brew コマンドを使ってpyenvをインストールしましょう。

brew install pyenv

インストール後、

pyenv -v

でバージョンが表示されれば成功です。

brewコマンドが見つからない場合は、 Homebrewのインストールからはじめましょう。公式サイトに日本語で手順が紹介されています。

.bash_profile or .zshrc に追記する

現在お使いの SHELL が bash か zsh かによって追記する場所が変わってきます。

bash の場合:

echo -e 'if command -v pyenv 1>/dev/null 2>&1; then\n  eval "$(pyenv init -)"\nfi' >> ~/.bash_profile

zsh の場合:

echo -e 'if command -v pyenv 1>/dev/null 2>&1; then\n  eval "$(pyenv init -)"\nfi' >> ~/.zshrc

現在お使いのSHELL を確認するには echo $SHELL コマンドを叩いてみましょう。

この場合は、zshを使っているので .zshrcに設定を追記しましょう。

そして、設定を適用させるためにshellを再起動させます。

exec "$SHELL"

これでpyenvが使えるようになりました!

pyenvの基本コマンド

最後に、基本のコマンドを掲載します。

# 自分のPCのpythonバージョンを確認
python --version

# なんのバージョンがインストールできるかを確認する
pyenv install --list

# 指定したバージョンのインストール。今回は3.8.3 をインストール
pyenv install 3.8.3

# 指定バージョンがインストールされたか確認 (インストール済みバージョン一覧を表示)
pyenv versions

# グローバルのバージョン設定を変更
pyenv global 3.8.3

# 自分の環境内のpythonバージョンが変わったかを確認
python --version

基本的にこの流れを押さえておけばpyenvは使いこなせます!


みなさんも挑戦してみてください!

ABOUT ME
どんぶラッコ
ECコンサルタント、システムエンジニアを経て、quintet株式会社CTOに就任。普段はNuxt.jsやLaravelを使用しています。

\面白いと思ったら/

記事のシェア & Twitter のフォロー をお願いします!

@proglearn
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です