お役立ち情報

JavaScriptのtypeofってPHPでどう書くんだっけ? – よく忘れてしまう僕が実践しているワークアラウンド

みなさん、こんにちは。どんぶラッコです。

突然ですが、こんなこと、ありませんか?

名無しさん
名無しさん
JavaScirptの変数の型判断をするには… `typeof hoge` だったなあ。あれ、PHPで同じことしたい場合はどうしたらいいんだっけ?
どんぶラッコ
どんぶラッコ
gettype($hoge) だね!
名無しさん
名無しさん
`typeof`じゃないのかあああああ

いろんな単語が混ざってしまって混乱し、結局調べることに時間を取られてしまう…。そんなことも多々あると思います。

そこで今回は、他言語を学ぶ時に生じる混乱をどうやって解消しているのか、その方法をお伝えします!

1. まとめ表を作成する

一番わかりやすいのはまとめ表、つまりチートシートの作成です。

私はこのように、同じ挙動をする文法ごとにまとめ表を作成することが多いです。

Dashにショートカットキーを作成する

それでもどうしても覚えられない…。そんな時は、Dashを使って独自のショートカットキーを作成してしまいます。

上でも例に挙げている typeof ですが、私は、JavaScriptの文法は覚えていたものの、どうしてもphpの gettype が思い出せませんでした。

そこで、 ;php-typeof と入力するとgettype が出力されるようにしました。

このように、自分がすでに覚えている文法を基準にして少しずつ外側に広げていくと覚えやすくなります。

自転車に乗れるようになるまでの補助輪として活用してみましょう!


覚えてないからスピードが落ちるのが一番損です。

どんどん効率化していきましょう♪

ABOUT ME
どんぶラッコ
ECコンサルタント、システムエンジニアを経て、quintet株式会社CTOに就任。普段はNuxt.jsやLaravelを使用しています。

\面白いと思ったら/

記事のシェア & Twitter のフォロー をお願いします!

@proglearn
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です