未分類

【初心者必見】プログラミングは●●が大好き! – プログラミング学習で押さえておくべき考え方

こんにちは。どんぶラッコです。

先週の土曜日曜に渋谷QWSにてG’s Academy Tokyo プログラミング講師として講義を行ってきました。

プログラムとしては、2日間でHTML/CSS の基礎、そしてJavaScriptを学習していくものでした。

このプログラムの初日、授業の一番最初に皆様に「こんな考え方をしておいた方がいいよお!」とお伝えした考え方があります。

この考え方を知った上で学習すると、より理解が進みます!

ということで、今回はそのフレーズと、具体例を見ていきましょう。。

役割毎に分ける!!

●●に入る言葉、それは

プログラミングは役割毎に分けることが大好きということです。

どんぶラッコ
どんぶラッコ
この後出てくるHTMLやCSSは正確にはプログラミング言語ではありませんが、便宜上”プログラミング”と表現しています

例えば、HTML, CSS, JavaScriptの役割についても以下のように機能を分けることができます。

家の構造を決定するもの … HTML

家の外観を決定するもの … CSS

家の機能を決定するもの … JavaScript

このように言語によって機能を分類をすることができます。

さらに学習が進んでくると、Ruby on Rails や React, Nuxt.jsなどのフレームワークを使うことになると思います。

それらのフォルダ階層も機能毎に分けられていることがわかります。

例えばNuxt.jsのファイル階層を見てみましょう。

いくつかのフォルダを紹介しておくと、

pages … 目に見える部分(View)にまつわるファイルを格納

static … スタティック(静的)ファイルを格納。画像やfaviconなど

components … コンポーネント(これも機能毎に分ける概念ですね)を格納する

整理整頓することで生まれるメリット

なぜこのように機能毎に分ける必要があるのでしょうか?

そのメリットは複数人で開発を行うときに実感をすることができます。

名無しさん
名無しさん
Webページの見た目を直したい…!と思ったらCSSファイルを見ればいい、みたいにどこを見たらいいのかわかりやすいね!
どんぶラッコ
どんぶラッコ
そう、HTMLで直接スタイルを指定する方法もあるんだけど、奨励されていない理由はそこにあるよ

ただし、プログラミングを学習し始めたばかりの頃はフォルダ(ディレクトリ)構造は意識しすぎる必要はありません。

プログラミングの基礎知識が固まってないうちにディレクトリ分けまで実施しようとすると頭がこんがらがってしまうからです。

ただ、このような考え方があると事前に知っておくことで、”何をどう分けられるか”という視点を持ちながらプログラミング学習を進めることができます。

プログラミング学習を始めた皆様はぜひ試してみてください!

ABOUT ME
どんぶラッコ
ECコンサルタント、システムエンジニアを経て、quintet株式会社CTOに就任。普段はNuxt.jsやLaravelを使用しています。

\面白いと思ったら/

記事のシェア & Twitter のフォロー をお願いします!

@proglearn
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です