AWS

【AWS】CodeCommit用のIAMユーザを作成する手順

今までGithubやBitbucketを使ってきましたが、AWSにも同様のGit管理システムがあると知り、使ってみようとした記録です。

IAMユーザを作成する

https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/codecommit/latest/userguide/setting-up-gc.html

コンソールへログイン後、IAM設定を開きます。

image.png

今回は新たにCodeCommitを行う用のユーザを作成しようと思います。
すでにあるユーザに権限を追加する場合はこのプロセスは必要ありません。
2ステップ後に出てくる”AWSCodeCommitFullAccess”の権限を追加してください。

ユーザを追加をクリック

image.png

ユーザ名を入力し、アクセスの種類でプログラムによるアクセスを選択します。

image.png

次にアクセス許可を設定します。
「既存のポリシーを直接アタッチ」を選択し、AWSCodeCommitFullAccessを選択します。

image.png

タグの追加は必要に応じて設定してください。

image.png

確認して作成を押すと、このようにユーザが作成されます。

image.png

Git認証情報と関連づける

先ほど作成したユーザを開き、認証情報をクリックします。

image.png

下にスクロールすると、 “AWS CodeCommitのHTTPS Git認証情報”という項目があるので「生成」をクリックします。

image.png

すると、Gitの認証情報が生成されます。後ほど必要になってくるので、メモするか、証明書のダウンロードを選択します。

image.png

これでユーザの登録は完了です!
あとは、普段のgitと同様、ユーザ名とパスワードの部分に先ほど作成したユーザを登録すれば完了です。

(番外)AWS-CLI をダウンロードする

私はMacなので、下記の情報を参考にDLしました。
https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/cli/latest/userguide/install-macos.html

うまくいくと、ちゃんとバージョン情報が表示されます。

$ aws --version
aws-cli/1.16.252 Python/3.6.5 Darwin/18.7.0 botocore/1.12.242

GUI的にはGithubやBitbucketの方が好きですが(←) AWS-CLIを使ってコマンドライン上からいろんな操作ができそうなこと、AWSのCIツールを使うならいいかもしれない。
使い勝手がわかってきたらまた投稿します。

ABOUT ME
どんぶラッコ
ECコンサルタント、システムエンジニアを経て、quintet株式会社CTOに就任。普段はNuxt.jsやLaravelを使用しています。

\面白いと思ったら/

記事のシェア & Twitter のフォロー をお願いします!

@proglearn
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です