JavaScript

JavaScriptのフレームワーク、実際なにが主流なの?

みなさん、こんにちは。どんぶラッコです。

Webアプリケーションを作成する時に、JavaScriptは切っても切り離せない関係ですよね。

そして、JavaScriptには多種多様なフレームワークがあります。

結局、どれが一番使われているの?

そんな疑問を解消する記事があったのでご紹介します!

jQuery, BootStrap がシェアを伸ばした!

Q-Successから、JavaScriptライブラリのシェアが発表されました。

2019年12月現在、どのフレームワークが多用されているかを可視化してくれています。

この記事によると、jQueary, BootStrapがシェアを伸ばしています!!

その一方で、モダン開発ライブラリとして取り上げられることの多いReact, Vueは全体のシェアで見ると0.3%です。

このことからも、Webサイト作成においてはjQueryを用いた開発がまだまだ主流であり、中規模・大規模な開発になって初めてReactなどのフレームワークが用いられているのではないか、ということが伺えます。


jQueryは死んだ技術だなどという声を耳にしたりしますが、まだまだそんなことはない!ということがわかりますね。

特に入門者にとってjQueryからDOM(HTMLの要素)にイベントを付与する方法を学ぶことは、直感的に理解しやすいです。

ぜひ学んでみてくださいね♪