ProgLearn講座

【説明できる?】AI・機械学習・ディープラーニングの違い【AI説明 編】

こんにちは、ProgLearn;編集部です。

以前本ブログでも取り上げた通り、第三次AIブームが到来しています。

巷では「AI」「機械学習」「ディープラーニング(深層学習)」が溢れかえっていますが、正しく理解されて使われていない様な気がしています。

そこで今日はそれらの言葉の解説をしていきます。

AI>機械学習>ディープラーニング

まず概念の理解をしていきましょう。

AIは最も広義の意味を持った言葉です。

機械学習はAIの一部の機能を説明する言葉

最後にディープラーニングは機械学習の一部の機能を説明することがです。

わかりやすい図があったのでこちらを確認してください。

出典:https://markezine.jp/article/detail/29471

概念を理解したら次に各単語の説明です。

AIとは

AI(人工知能)とは、人間にしかできなかったような高度に知的な作業や判断をコンピュータを中心とする人工的なシステムにより行えるようにしたもの。

http://e-words.jp/w/%E4%BA%BA%E5%B7%A5%E7%9F%A5%E8%83%BD.html

大変ふわっとしていますが、これは仕方ないのです。
なぜなら技術が進歩すればAIの定義が変わってしまうからです。

人類は未だに人間の脳の振る舞いや知能の仕組みを完全には解明していないため、人工知能にも明快な定義は与えられていない。また、情報技術の進歩に伴って時代によって人工知能とされるシステムの具体的な内容は大きく変化してきている。

特に、前の時代に人工知能の一分野として研究・開発が進められていたものが、技術が成熟し実用化や普及が進むと人工知能とは呼ばれなくなり、より高度で研究途上のものが新たに人工知能として注目される傾向がある。

http://e-words.jp/w/%E4%BA%BA%E5%B7%A5%E7%9F%A5%E8%83%BD.html

従ってAI(人工知能)はバクッと”人工的に作られた人間のような知能”だと考えてください。
それくらい広義な意味を持つ言葉なんです。

次回は”機械学習について”です。乞うご期待!