CSS

【LINE DEV DAY 2019】LINEでアプリの作れる機能がすごい!【最新情報】

こんにちは。どんぶラッコです。

本日、LINE Developer Day 2019 という、LINE が主催するDeveloper向けのセッションがお台場で開催されています!筆者が参加したセッションを中継していきます!

他のセッションレポートはこちら↓↓

今回は LIFFに関するセッションです!

What’s New in LINE Front-end Framework

2018年にリリースされた新技術であるLIFF。結局LIFFで何ができるの?ということを説明していました。

LIFF とは?

これ、何かと言うと、要するにLINEのなかでアプリケーションが作れる技術のことです。

利点としては、HTML, CSS, JavaScirpt を用いて開発を行うため、Webアプリケーションの技術だけでスマホで動くアプリをLINE上に作れる、ということです!

また、LINE上で動くため、アプリインストールの障壁がとても低くなります。

表示サイズも3パターンから選べる

さらに、LINEが提供するAPIを使ってLINEのプロフィール情報やMessaging APIを

LIFF v2

今年の10月、LIFFのバージョン2がリリースされました。

バージョン2では、下記の

モダンブラウザ上で動作可能に!

これがバージョン2の最大の特徴でしょう。

ChromeやSafari、Firefox、Edgeで動作が確認できるようになります。つまり、PC上でもアクセスが可能になったのです!

今まではこんなエラーだったのが…

対応可能に!!

実際の開発の様子をデモンストレーションもありました。

HTTPSスキームによるDeeplinkのサポート

「どういうこと?」と思うかもしれませんが、つまりこういうことです。

今までURLベースでアクセスできなかったページが表示できるようになるということです!くそ便利ですね。。

さらに、URLパラメータを渡せるようになっています!!さらに、OGPにも対応したとのこと。便利い…

つまり、モダンブラウザ対応、Deeplinkサポートの2つにより、LINE外のユーザもLIFFアプリケーションを使えるようになったということです!

OpenID Connect サポート

申請し、スコープの設定を管理コンソール上で行

Bot Link サポート

こちらも堂宇ようです。

LIFF v2 JS SDK

開発上での大きな変更点は下記の通り。

TypeScript にて開発

今後、ユーザ側もTSで開発できるようにする予定とのこと。また、npmを使ったパッケージ管理も視野に入れているということです。これはアツい!

やはりJavaScriptをTypeScriptで置き換えていく流れはマストできますね。

New API

QR Code Reader

LIFF上でQRコードリーダが使えるようになったとのこと!

(提供予定) liff.shareTargetPicker

ユーザが友達やグループを洗濯してメッセージや画像をシェアすることができるようになる機能。まだv2では公開されていませんが、今後公開予定とのこと。

他にも様々なAPIが提供されています。

LIFFの実例

ジョルダン 乗換案内がすでにLIFFで提供しているそうです

また、LINE MINI APP という、アプリストアもリリースする予定なんだとか。ここら辺はWeChatを追従する感じですかね。

LIFFの今後

Webコンポーネントを開発中とのこと。

ABOUT ME
どんぶラッコ
ECコンサルタント、システムエンジニアを経て、quintet株式会社CTOに就任。普段はNuxt.jsやLaravelを使用しています。

\面白いと思ったら/

記事のシェア & Twitter のフォロー をお願いします!

@proglearn
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です