How to

【42 Tokyo】世界から注目されているエンジニア養成学校が日本に進出【エコール42】

こんにちは、ProgLearn;編集部です。

プログラミング学習中の方に朗報です!

世界から最も注目されているエンジニア養成学校の1つ【Ecole42(エコール42)】が日本に進出しました。

その名も「42 Tokyo」、かっこいいですね。

合同会社DMM.com(本社:東京都港区、会長 兼 CEO亀山敬司、https://dmm-corp.com/ 以下「DMM」)は、フランスのエンジニア養成機関42(本部:フランス、パリ市、代表ソフィー・ヴィジェ。正式名称、L’association 42。以下「42」)の東京校として一般社団法人『42 Tokyo(フォーティーツートウキョウ)』を設立しました。

2019年11月7日(木)より応募開始。2020年1月から入学試験を開始し、2020年4月に開校予定です。

https://dmm-corp.com/press/press-release/27350

実はエコール42について本ブログ内で過去にまとめています。

私たちも兼ねてから着目していたプログラミングスクールが日本に進出してくれるなんて喜ばしい限りです。

早速日本版の42 Tokyoについて調べてみましょう

42 Tokyoの特徴

【42 Tokyoポイント】

1)「誰もが平等に挑戦ができる」教育機会の提供

年齢、学歴、性別に関係なく、学費が無料で誰でも平等に教育を受けられる機会を提供します。
応募資格は16歳以上、4週間続く入学試験に合格すると在籍資格が与えられます。そして、学生は自分の意思で自由に就職先を選ぶことが可能です。どのような方でも挑戦できる全く新しい学校です。

2)実践的で世界で通用する教育システム

キャンパスは24時間365日開放されています。
授業は教師から学生への一方通行ではなく、学生同士が学びあう「ピアラーニング」方式を採用。実際に仕事を進めていく上で必要不可欠な能力を磨きます。また、カリキュラムは、IT先端企業がセキュリティの問題など、新しい課題を世界各地から追加していく仕組みであり、いつも最新の教材が揃っています。
卒業の概念はなく、レベル分けがされています。高度な技術を短期間で習得可能で、基礎知識を得ることができる半年後から就職する学生も多くいます。

42 Tokyoの概要 入試期間や授業料など

■42 Tokyo概要

・公式サイト:https://42tokyo.jp

募集に関する詳細は上記42 Tokyoの公式サイトをご確認ください。

・コンセプトムービー:https://youtu.be/eawhnhTO2oY

・カリキュラムについて:

・応募   :2019年11月7日(木)~

・入学試験 :

第1回→2020年1月6日(月)〜1月31日(金)

第2回→2020年2月3日(月)〜2月28日(金)

第3回→2020年3月2日(月)〜3月27日(金) 予定

・入学   :2020年4月予定

・住所   :港区六本木3丁目2番1号住友不動産六本木グランドタワー

・授業料  :無料

・応募条件 :16歳以上

協賛企業

今をトキメク多数の企業が協賛しています。注目度の高さがわかりますね。

■ 協賛企業一覧(2019年11月13日時点、50音順)

・株式会社アシスト

・アステリア株式会社

・アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

・大阪ガス株式会社

・株式会社サイバーエージェント

・サイボウズ株式会社

・さくらインターネット株式会社

・JapanTaxi株式会社

・Japan Digital Design株式会社

・デル株式会社

・凸版印刷株式会社

・株式会社ドワンゴ

・日本航空株式会社

・株式会社バスキュール

・パーソルホールディングス株式会社

・株式会社ビズリーチ

・株式会社文藝春秋

・株式会社ミクシィ

・株式会社メルカリ

・ヤフー株式会社

・楽天株式会社

最後に

気になる方は公式サイトをチェックしてみてください。

https://42tokyo.jp/

これからプログラミングを始める方、プログラミング独学していたけどつまずいてしまった方、誰にとっても有益な学校だと思います。