LINE公式アカウント

【集客】LINE公式アカウントPart4〜自動応答メッセージ〜【販売促進】

過去の記事はこちら

自動応答メッセージとは

LINE公式アカウントを友達登録してくれた人が送ってきたメッセージに対して、自動でメッセージを返信してくれる機能です。

この自動応答メッセージの返信は完全無料であるため、低コストで潜在的な顧客とコミュニケーションを取ることができます。

自動応答メッセージの種類

自動応答メッセージには2種類あります。それはランダム返信とキーワード返信です。

ランダム返信

友達追加者が送ってきたメッセージに対してランダムで返信する機能です。

事前に登録しておいたメッセージがランダムで送信されます。

自動応答メッセージ作成時に、キーワードを設定しなければランダム返信になります。

また、キーワード返信を設定してもそれに引っかからなかった場合は、全てランダム返信することになります。

キーワード返信

友達追加者が送ってきたメッセージのキーワードに反応して、設定されたメッセージを返信する機能です。

メッセージを想定したらそれに対応する返信をすることができるので、効果的に集客・販促を行うことができます。

しかし1つの単語に対してひらがな、カタカナ、場合によっては英語を登録しなければならないので、少々手間がかかります。

自動応答メッセージの設定

自動応答メッセージはofficial account managerから設定できます。

開設時にデフォルトメッセージ(ランダム返信)が登録されています。

右上の作成をクリックしたら作成画面が開く

自動応答メッセージ作成するときは5つの項目があります。

・タイトル

自動応答メッセージのタイトルを設定します。

これは友達登録者に送られません。

・ステータス

自動応答メッセージに含むか含まないか選択できます。

オフにした場合、当該メッセージが送られることはありません。

・スケジュール

メッセージを送信する期間を設定できます。

設定した場合、その期間だけメッセージが送信されます。

設定しなかった場合、常に送信される可能性があります。

・キーワード

キーワード返信を設定するために必要です。

キーワードを設定した場合、当該キーワードと1文字でも違っていたら配信されません。

そのため、友達登録者が送信する可能性のある全てのキーワードを登録する必要があります。

・メッセージテキスト

メッセージ内容を入力します。

ただのテキストに加え、スタンプ・写真・クーポン・リッチメッセージ・リッチビデオメッセージ・動画・ボイスメッセージ・リサーチ・カードタイプメッセージも送ることができます。

右側にプレビューが表示される

機能紹介

友達のアカウント名をメッセージに組み込む

返信メッセージに友達の名前を含めることができます。

友達名を挿入したい場所を選択した状態で、テキスト入力エリア下部にある「友だちの表示名」をクリックするだけです。

テキスト以外を送信

複数のメッセージやスタンプ、リッチメニューなどを一気に送ることも可能です。

その場合はテキスト入力エリア外、下部にある追加をクリックします。

1つの入力エリアに対して1つの機能しか実装することが出来ません。

従ってテキスト+スタンプ+画像を送りたければ、2回入力エリアを追加する必要があります。

テキスト+スタンプの場合

尚、リッチメッセージ、リッチビデオメッセージ、リサーチ、カードタイプメッセージを追加する場合は、先に追加するそれらの機能の設定を行う必要があります。

次回

次回はリッチメッセージ作成方法です。

お楽しみに〜