初学者向け

【挫折 なぜ?】Progate代表の考えるプログラミング学習者が挫折してしまう理由

こんにちは、ProgLearn;編集部です。

プログラミング初学者の方にオススメの記事を発見しました!

Progate代表の加藤氏が考えるプログラミング学習挫折の理由とその対処方法について話しています。

Progateとは

そもそもProgateを知らない方もいると思うので、簡単にご紹介しておきます。

Progateはオンラインプログラミング学習サービスです。「初心者から、創れる人を生み出す」ことが、私たちの理念です。プログラミング初心者のハードルを出来る限り取り払うこと、そして本当に創れるようになるレベルの高い学習を提供することを目指しています。

https://prog-8.com/

私もプログラミング学習を始めたばかりの頃にサービスを利用しました。

その時よりも今は格段に多くのコースが用意されているので、初学者の方には本当にオススメのサービスです。

プログラミング学習を挫折する理由

結論から言えばプログラミングを楽しいと思えないことが原因だと述べています。

順を追って説明します。

プログラミングを挫折するポイント

Progate代表の加藤氏はプログラミング挫折となるタイミングは以下のように述べています。

プログラミング学習における挫折ポイントは、学び始めのタイミングと、初級フェーズから中級フェーズへ上がるタイミングだと思っています。

なぜ初期フェーズで挫折する人が多いのでしょうか?
最初は部分的に学習していくので、全体像もわからない上に、自分がどの位置にいるかわからなくなりがちで、そこで迷子になってしまって、そのまま抜け出せなくなるからです。

しかし、一度ある地点を抜けてしまえば、それまでの学習したことが点と点で繋がって、魚が水を得たように一気に習得のスピードがあがります。

学び始めで挫折する人は減った

数年でプログラミング学習のサービスや書籍が出てきたことで、学習を始めるハードルはかなり低くなってきました。結果として、「学び始め」で挫折する人が減って、ある程度プログラミングの全体像が掴めるレベルまでは多くの方がたどり着けるようになったと思っています。

初球から中級に上がる時の壁

Progateでも(中略)初級レベルから次のフェーズに進めないという課題は現状でもまだ解決されていません。

もちろん、スムーズに中級・上級レベルに進んでエンジニアとして就職した人や、自分でプロダクトを作っている人もいます。ただ、それ以上にここで挫折する人が多いのも事実です。

初級から中級に上がれる人に必要なこと

「自分で何か作ってみる」という体験は間違いなく必要だと思いますね。

(中略)

Progateのコンテンツ内の「わからなければ答えを見られる世界」ではなく、自分が作りたいものに対してどのような要件が必要かを考え、わからなければググる。こういった経験はエンジニアになるための必要条件だと思います。

海外展開のためにいろいろな国の方とお話をするんですが、プログラミングを学んでいる人の多くが、作りたいものがはっきりしていたり、自分の目標が明確にあったりと、目的意識がとても高いんです。

でも日本では、明確な目的はないけどとりあえずプログラミングしてみよう、というのが成り立っていますよね。

プログラミングを挫折する理由と対策

加藤氏がインタビューで述べている通り、私もプログラミング学習には以下の3点が必要だと思います。

  • ①自分で何かを作る体験
  • ②「うまくいった」成功体験
  • ③具体的な目標

①自分で何かを作る体験によって、楽しさに変わる

プログラミング学習を始めた当初はまだ何かをまとめて具体的にアウトプットできるわけではないです。
すでに述べたように、最初は一個ずつ着実に学習していき、退屈なことが多いです。
しかし、学んだ点と点で結べるようになって、自分で何かを作る体験ができるのです。

日常でもアレとコレは裏でこんな繋がりがあったのか!!という発見や体験をした時は興奮しないでしょうか?その体験をプログラミングを行っていく過程で、特にアウトプットを出していく段階では経験できます。

②「うまくいった」成功体験と③目標を立てることはセット

小さな成功体験で良いです。
自分のレベルにあった目標をたてて、小さな成功体験を重ねることが大切です。最初は低めの目標で小さいステップアップをしていくことで、それが回数を重ねて大きな目標が達成に至ります。

目標を確実に成功させることで「自己効力感」が高まっていくからです。
自己効力感とは、心理学用語で、これが高い人は、困難に立ち向かってチャレンジし、現状を打破しようという意欲的な心理になります。

逆に大きな目標を立ててしまうと、本当にできるか不安という心理になってしまって、途中で挫折してしまいます。
大きな目標設定したせいで、自分はプログラミングに向いてないかも?という不安になってしまいますよね。それは目標設定がダメだっただけで、プログラミングのセンスがないとは全く関係ないことです。

以上です。
プログラミング初学者の方は、上述の3点を意識して頑張ってくださいね!

テックアカデミーなどのプログラミングスクールに通うことも、挫折しないようにする有効な手段になります。以下もあわせて読んでみましょう。

プログラミングスクールのテックアカデミーの評判は?転職実績や料金を徹底解説!プログラミングスクールはたくさんあって選ぶのが大変ですが、国内シェアNo1のテックアカデミーの紹介です。テックアカデミーは非常に評判が良く、テックキャンプ との比較もします。...

\面白いと思ったら/

記事のシェア & Twitter のフォロー をお願いします!

@proglearn
一緒によく読まれている記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です