エッセイ

ZOZO買収で前澤 前社長が得るお金を調べてみた

こんにちは、ProgLearn;編集部です。

昨日驚きのニュースが飛び込んできましたね!

ヤフーがZOZOを買収

ソフトバンク傘下のヤフーは12日、衣料品通販サイト「ゾゾタウン」を運営するZOZOに対し、TOB(株式公開買い付け)を実施すると発表した。発行済み株式の50.1%を上限に買い付け、子会社化を目指す。買収額は最大で4007億円。ZOZOは12日、創業者で筆頭株主の前沢友作社長が同日付で退任したと発表。前沢氏はZOZO株を36.76%保有しているが、TOBに応じて大半の株式を売却し、同社の経営から退く。両社は17時半から記者会見を開く。
後任にはNTTデータ出身でZOZOの沢田宏太郎取締役が昇格した。前沢氏は12日、ツイッターで「新社長に今後を託し、僕自身は新たな道へ進む」と明らかにした。2018年9月に公表した月旅行などの個人活動に専念するとみられる。ZOZOは「創業者として今後も(同社の)一定のイベントには参加する」としている。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO49711370S9A910C1I00000/

何かと世間を賑わしている前澤社長率いるZOZOがヤフーに買収されることになりました。

買収額は最大で4007億円、TOB価格は一株2620円の様です。

前澤 前社長にはいくら入るのか?

この買収劇によって前澤社長はいくらキャッシュを得るのでしょうか?

計算しようかと思いましたが、既に計算している人が確実にいるので調べることにしました笑

前澤氏は所有株の一部を2,429億円で売却契約

https://netatopi.jp/article/1206855.html

2,429億円も入るみたいです!!

配当金収入

しかしまだまだ前澤 前社長の懐は潤い続けます!

2019年9月12日付で締結しており、ヤフーはすでに3割超えの株式を所有することが決まっていることりなります。なお、前澤氏が所有する対象者株式から、応募予定株式を控除した株式数は19,500,000株(所有割合:6.39%)となります。

保有株のうち19,500,000株は保有し続けるので、今後も継続的に配当金が入ってきます。

ZOZOの配当金をIRから探してきました。

2020年3月期の配当金予想につきましては、中間配当金12円、期末配当金18円としております。

一株につき年間30円の配当金を貰えるので、

前澤 前社長は19,500,000×30円=585,000,000円を何もしなくても毎年貰うことができます!

まあこれに税金がかかってくるので手取りはもっと少ないですが、

それでも毎年数億円のキャッシュが懐に入るのは大きいですね笑

最後に

皆さんは本日の記事を読んで前澤 前社長が羨ましくなりましたか??

私は羨ましいです笑

自分の好きなことをやって大金を得て、めちゃめちゃ綺麗な女優たちと付き合って、月にも行く・・・

最高ですね笑

でも私も起業をした身なので、なんとなくわかることがあります。

それはZOZOを興してから21年間、前澤 前社長は想像を絶するくらいの困難にぶち当たり、誰よりも努力してきたのだろうなぁということです。

世間にそんな姿は一切見せませんが、少なくとも事業が軌道に乗るまでは地獄を見ていたはずです。

だから0から時価総額7,000億円以上の企業を作り上げた前澤 前社長は本当にすごいと思います。

ひとりのしがない起業家として、前澤氏の次の挑戦を楽しみにしていようと思います!