エッセイ

【キャリアプランニング】計画的偶発性について知ろう

こんにちは、ProgLearn;編集部です。

皆さん計画的偶発性ってご存知ですか?

計画・・・ある事を行うために、あらかじめ方法や順序などを考えること。

偶発・・・偶然に発生すること。思いがけずに起こること。

上述の通り「計画」と「偶発」って正反対の意味を持っているので、あまり理解ができないと思います。

でもこれは皆さんのキャリアプランを考える上で非常に重要な考え方なんです。

計画的偶発性とは

スタンフォード大学のジョン・D・クランボルツ教授らが提案したキャリア論です。

キャリアの8割は予想しない偶発的なことによって決定される。

その偶然を計画的に設計し、自分のキャリアを良いものにしていこうという考え

よくわからないですよね?笑

でも大丈夫です。きちんと解説していきます。

キャリア理論の基本的な考え方

キャリア理論には大きく2つ「未来重視」「現在重視」の考え方があります。

計画的偶発性は後者「現在重視」の考え方です。

理由は簡単

未来のことは考えていてもわからないから

先日書いた以下の記事でもまとめている通り、世界経済は凄まじいスピード且つ、複雑な変化が起こっています。

そんな時代に未来を予測したところで、その通りになる可能性は極めて低い。ほぼ0%なんです。

だからこそ現在に重きを置いて、少しでも多くのことにチャレンジして未来の可能性を広げようという考え方です。

計画的に偶発を呼び込む方法

では、どの様に偶発を計画すれば良いでしょうか?

ひたすら可能性を広げれば良いんです!

具体的には以下の5点が重要になります。

  • 好奇心・・・新たな学習の機会をたえず模索し続けること
  • 楽観性・・・ポジティブにいること。何事も新しい挑戦は可能・成功すると考えること
  • 持続性・・・失敗にめげず、努力を継続すること(「やり抜く力 GRIT」を読んでみてください!)
  • 冒険心・・・リスクテイカーであること。確実なことなど無いので、確実性を求めない。
  • 柔軟性・・・こだわりを捨て、状況に応じて態度、行動、精神を変えること

常に新しいことを学び続けていれば、偶発的な事象が発生する回数は多くなります。

回数が多くなればなるほどキャリア選択の機会が増えるので、軌道修正、躍進などの可能性も高くなりますよね?

凄まじいスピードで時代が移り変わり何が正解かわからない世の中で、キャリア選択の機会が少ないことは危険でしかありません。

だから将来後悔しないために上述の5点を意識してキャリアプランニングしましょう!

最後に

計画的偶発性は現在を重視する考え方ですが、未来も絶対に見据える必要があります。

それはなりたい自分の姿です。

なりたい自分を計画して、そこに繋がる可能性のある事柄は全てチャレンジしましょう!

なぜならどのルートで「なりたい自分」になれるかわからないからです。

では最後に「トムソーヤの冒険」の著者マーク・トウェインの言葉を紹介して今日は終わります。

今から20年後、君はやったことよりも、やらなかったことに大きく失望するだろう。 自分を縛っている紐をすぐに解け。 その一歩を前に踏み出せ。 そして自分の可能性を信じろ。探検せよ、夢を見ろ、そして発見を楽しむのだ