How to

目標を見失った人はこれ!話題のプログラミングコンテスト3選

こんにちは、ProgLearn;編集部です。

プログラミング学習捗っていますか??

やる気満々ですか?それとも中だるみしてしまっていますか?

誰にでも中だるみの時期はあります。

そんな辛い時期はプログラミングコンテストに参加してみましょう!

プログラミングコンテストとは

その名の通りプログラミングスキルを競うコンテストです。

数年前までプログラミングは一部の専門職の方達だけ必要な知識との認識だったため、プログラミングコンテストはそれほど普及していませんでした。

しかし昨今のプログラミングブームによってプログラミングが一気に一般化し、コンテストの数・参加者も増加の一途を辿っています。

1.AtCoder

AtCoderは国内最大級のプログラミングコンテスト運営会社です。

AtCoderは、オンラインで参加できるプログラミングコンテスト(競技プログラミング)のサイトです。リアルタイムのコンテストで競い合ったり、約2000問のコンテストの過去問にいつでも挑戦することが出来ます。

https://atcoder.jp/?lang=ja

最近では電通とも提携関係を結び、プログラミングコンテストから様々な事業を展開しています。

2.U-22 プログラミングコンテスト

学生のプログラマーにオススメ

U-22プログラミング・コンテストは、自らのアイデアで新しい未来を拓く、
次代を担うITエンジニアのコンテストです。
最高賞である経済産業大臣賞を受賞すると、賞金だけでなく、
未踏事業への推薦、起業支援など、次のステップへ進むための様々なバックアップも。
コンテストへ応募して、経済産業大臣賞を目指そう!!

https://u22procon.com/

3.SECCON

セキュリティを学んでいる方にオススメ

SECCONは情報セキュリティをテーマに多様な競技を開催する情報セキュリティコンテストです。他にもCTF未経験向けの勉強会「SECCON Beginners」や情報セキュリティに興味のある女性を対象にした「CTF for GIRLS」というユニークなワークショップも開催しています。

https://2018.seccon.jp/

最後に

少しでも興味がわいたら腕試しで参加してみることをオススメします!

積極的にアウトプットしていきましょう!