How to

HTMLタグを覚えるには、語源を辿るのが近道!

皆さんこんにちは。ProgLearn; 編集部です。

前回、JavaScriptの変数宣言の語源についてご紹介しました。

今回はHTMLについてみていきましょう!

そもそもHTMLってなんの略?

皆さんは現代社会を学んでいるときに、NPOやNGO という単語をみて

「あれ、どっちが非営利組織だっけ?」

ってなったことはありませんか?

そういう時は、

「NPOのPはProfitだからNPOが非営利組織だよ!」

なんて覚え方をしましたよね?

HTMLタグについても、語源を辿っていくとすとんと腹落ちしやすいです!

そもそもHTMLとはどういう意味か、みなさまご存知ですか?

HTMLは Hyper Text Markup Languageで

つまり、

「ハイパーなテキストを書けるマークアップ言語だよ!」

です。

言語しか和訳していませんね。

ハイパーテキストとは、普通の文章よりハイパーだからハイパーテキストなのです。

何を以ってハイパーと表現しているかというと、紙では実現できない、文章同士を自由に行ったり来たりできるからハイパーなのです。

ちなみに、HTTPは

Hyper Text Transfer Protocol

の略です。

ハイパーテキストを届けるルールで通信するよ!ってことです。

こうやって整理するとわかりやすいですよね!

なんで <ul><li></li></ul>って書かなきゃいけないの?

ここでは例として、ulとliの関係をみてみましょう。

ul … unordered list (順番がないリスト)。

番号なしリストなので、
・hogehoge
・hogehoge
・hogehoge
という表示になります。

1. hogehoge
2. hogehoge
3. hogehoge

と表示してもらいたい場合は<ol>タグ(ordered list)が使えるみたいです。

li … list item (リストの項目)

読んで字のごとくですね。各項目を表しています。

だから、

<ul>
<li></li>

</ul>

の意味は、

それぞれの項目(<li>)を順序なしリスト(<ul>)で表示してね!

ということです!

こうやって整理するとわかりやすいですね。

これであなたも今日から無意味にHTMLをコーディングする人生からおさらばです


他のHTMLタグについてもぜひ調べてみてください!

こちらのサイトなどが詳しいです。

https://kw-note.com/website/what-does-html-stand-for/

素敵なエンジニアライフを!

\面白いと思ったら/

記事のシェア & Twitter のフォロー をお願いします!

@proglearn
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です