JavaScript

機械学習にもJavaScript! 2019年JavaScript最新事情

JavaScript = 使いづらい言語 ではない!

こんにちは、ProgLearn編集部です。

今回は、JavaScriptの最新動向についてお伝えしたいと思います。

皆様、JavaScirptと聞くとどのような言語だと想像するでしょうか?

2015年以前にJavaScirptを学習してきた方々は、「型もClassもない、Javaもどきの使いづらい言語」という印象があったりするのではないでしょうか。

しかし、近年のJavaScirptの求人率の高さにも見られるようにJavaScriptの需要非常に高まっています。

今回は、JavaScriptを普段使っていない方々に向け、JavaScirpt事情についてお話します!

フレームワークの台頭

Angular, ReactをはじめとしたWebアプリケーションを作成するためのフレームワークがどんどん生まれています。中でも、2013年に登場したVue.jsは、2018 JavaScript Rising Stars (githubでスターを獲得した数)の1位に選ばれるなど、その勢いは衰えるところを知りません。

https://risingstars.js.org/2018/en

JavaScirptというとjQueryのように、Webのフロント部分をデコレーションするための言語というイメージがある方もいらっしゃるかもしれませんが、JavaScriptはすでにそれ自体が開発フレームワークとして、大規模な開発に適する言語へと成長を遂げているのです。

機械学習にも利用されている

また、Githubが公表したところによると、機械学習で利用される言語ランキングの3位にJavaScriptが入賞したということです。

https://japan.zdnet.com/article/35137121/

先ほどの、2018 JavaScript Rising Starsにおいても、第5位にPuppetterが入賞していました。スクレイピングをJavaScriptで行うことができるNode.jsのライブラリですね。

最近、↓の本が発売され、JavaScirptを用いたデータ活用についてもにわかに熱を帯びてきています。

Puppeteer入門 スクレイピング+Web操作自動処理プログラミング
ヴェネチア冒険團 美崎 薫 小原 亮一 酒井 一成
秀和システム
売り上げランキング: 231,663

JavaScirptからプログラミングをはじめてみよう!

このように、JavaScirptはもはや「なんでも屋さん」になりつつあります。

プログラミング言語の入門としてもよく使われているJavaScirptだからと言って、決してショボい言語という訳ではないのです。

皆様もぜひ、JavaScirptからプログラミングの世界に足を踏み入れてみませんか?

ProgLearnは、JavaScript学習を開始する皆様を全力でお手伝いします。